プジョー湘南藤沢
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
プジョーを知ったきっかけ
[2018/03/12]
DSCN3481.JPG
Peugeot-RCZ-R-2.jpg


【先日アップ致しました「プジョーを知ったけっかけ」についてお客様からメールをいただきました。】


プジョー湘南藤沢のブログをご覧の皆様こんにちは、ブログ担当の渡辺でございます。

先日アップ致しました「プジョーを知ったきっかけ」に関して、お客様からメールをいただきましたので

紹介をさせていただきます。

以下メールを転用


・男性
・49歳(50歳目前 笑)
・住まいは東京都◯◯地区

【ドイツ車贔屓から少し距離を置いて、面白いクーペボディ車購入を検討していたところ、神奈川県内某ホーム

センターに駐車中のRCZを見て雷に打たれた。早速HPを検索して自宅最寄りのディーラーを探した。

指折り数えていた試乗日に試乗したら大柄なボディに全く似合わぬ「乗用車のエンジン」だった。

牙をもぎ取られたライオンだった(失礼)。シートから立ち上がった時には既にジャガーFタイプやアルファ

ロメオ4Cのディーラー訪問日を考えていた。帰宅した夕刻にセールスから電話が入り、30台限定RCZ-R

の31台目(笑)が手に入るかもしれないという情報をいただく。エンジンがプジョースポールの手による

全く別物ということで、これは縁かもしれないと直感しすぐに手付金を振り込む。ディーラーで初対面の

モロカンレッドの眩い美しさに思わず息を呑んだ。コーティングの一部が不完全で手直しをそこそこで

終わらせてもらい、その日に約束しておいたプロテクションフィルム屋さんのファクトリーへと自走。

R16で飛び石喰らわぬようトラックやSUVの後続を避けて慎重に運転。その僅かな移動の最中にもノーマルと

明らかに異なるエンジン官能サウンド(言い古された表現!)とひたすらに滑らかに入っていくショート

ストロークのシフトチェンジの気持ちよさに脱帽。これは最高の伴侶を得た!と心の中でガッツポーズして

いたあの日から2年。あの日の出来ごとが私の脳裏から外れていくことはこれからもないであろう。】




今回ご紹介致しましたお客様、プジョーRCZ Rをご購入下さる前にはドイツ車でも拘りのあるブランドを

ご所有になっておりました。プジョーのRCZをホームセンターの駐車場で見かけた際にはかなりの衝撃だった

ご様子がお分かり頂けると思います。また、ご試乗は通常モデルだったようで琴線に触れる事はなかった

ようですが、限定発売された【RCZ R】は良い意味で期待を裏切った車種だったようです。

Y様、ご多忙中も関わらずコメントをいただきまして、本当にありがとうございました。


プジョー湘南藤沢
渡辺 秀司